O脚について

О脚には主に4つのタイプがあると言われています。

  • 1.回内足ついわれ足が内側に傾き、すねの骨が内側に曲がっているように見える。
  • 2.すねの骨が内側1.に湾曲している。
  • 3.内ももとお尻の筋肉が弱い。。
  • 4.膝関節の軸が正常でない。

1のタイプは、足を後ろから見た場合、土踏まずがつぶれて、外側部に小指や薬指が見えたりします。これを回内足といいます。

回内の状態になると、膝関節が内側に回旋するため、膝同士が内側を向いて太ももから膝までは隙間がないのに、膝から下が湾曲したように見える所謂XO脚の状態になります。

実際は骨が曲がっている状態ではなく、足の構造の崩れなので、アーチを支えるインソールで崩れた構造を立て直せば、内側を向いた膝が正面を向き、O脚が改善されることがあります。

2のタイプは、湾曲している骨を治すことは出来ないので、対処法がありません。
しかし骨の曲がり具合が人によって違い、それだけでO脚になっているとは限らず1や3の要素が絡んでいる場合は、それらの改善で目立たないようにすることが出来る場合があります。

3のタイプは、電車などで座ったとき、膝を閉じておくことが難しいという人です。
このような人は、お尻の筋肉と太ももの筋肉が弱くなっている可能性が高く、特に内ももの筋肉が使えないため、外側に引っ張られ、外に膨らんだ形の足になってしまいます。

1から3はそれほど歩行への支障はないのですが、4のような不可逆的な状態となってしまい、変形性膝関節症になり、将来的には人工関節が必要になってしまうことがあり、注意が必要です。

O脚にはまず筋力トレーニングを

  • レッグプレスというウエイトトレーニングマシンは、足全体の筋肉を鍛えることが出来ると共に、膝の動きで最も大切な関節内の回旋の改善にも効果的です。O脚だからと諦めないで、一度ご相談下さい。
  • 代表からのメッセージ
  • message

高野 信行

  • message
  • 鍼灸按摩マッサージ指圧師ならびに柔道整復師の養成校を卒業し国家資格を取得。
    その後、独立開業するまでに、鍼灸院、カイロプラクティック、整骨院、整形外科、トレーナー派遣治療院等で延べ13年数多くの経験を積みました。中でも医師の指導の下レントゲンの勉強をさせていただいた2年間の経験は、大きな財産となっております。
    この13年の間には、トレーナーとして、プロゴルファーの田中泰次郎氏、大洋ホエールズの投手、日本ハム、オリンピック陸上選手の故金井豊氏等多くの選手の施術を担当させていただきました。
                           
浜松市西区の整骨院&ジム「高野整骨院」
                           

〒431-1103
静岡県浜松市西区湖東町934-1
高野整骨院1F

BUILDジム:(053)486-3393

整骨院  :(053)486-3353